ドローン情報基盤システム2.0 (DIPS2.0)が11月7日にリリース

更新日:3 日前

ドローン情報基盤システム2.0 (DIPS2.0)が11月7日にリリースされました。



従来は、機体登録手続き用のドローン情報基盤システム(DRS)と飛行許可承認申請手続き用のドローン情報基盤システム(DIPS)、飛行計画情報共有用のドローン情報基盤システム(FISS)が、それぞれ別れていたものが統一され、アカウントIDやパスワードもDRSのもので統一され管理もしやすくなりました。


12月5日までは並行運用期間となりますが、12月5日以降に飛行開始予定の場合、飛行許可承認申請や飛行計画は、新制度に基づきDIPS2.0での申請が必要です。



令和4年12月5日以降の”飛行開始日”を予定の場合


令和4年12月5日を予定する改正航空法の施行に伴い、”飛行開始日”が令和4年12月5日以降となる飛行許可承認申請申請を新たに提出する場合は、改正航空法に対応した<DIPS2.0>よりご申請をしてください。


無人航空機の飛行許可・承認手続は こちら



関連資料



   (空港等周辺・150m 以上・DID・夜間・目視外・30m・催し・危険物・物件投下)

   場所を特定した申請について適用

   (DID・夜間・目視外・30m・危険物・物件投下)

   場所を特定しない申請について適用

   令和4年12月5日の次期制度開始に伴い、航空局標準マニュアルが改正されました。

   改正箇所がご確認いただけます。


 


弊所のドローン申請関係サポート費用


●ドローン機体登録

種別

報酬額

備考

新規登録(メーカー機)

9,900

​1機(オンライン申請)

新規登録(メーカー機)

​6,600

2機目以降(オンライン申請)

新規登録(改造機・自作機)

​13,200

1機(オンライン申請)

新規登録(改造機・自作機)

7,700

2機目以降(オンライン申請)

*別途手数料が必要です。



●ドローン飛行許可・承認

​種別

報酬額

備考

包括申請

30,800

HP掲載機1機、操縦者1名

個別申請

33,000

HP掲載機1機、操縦者1名

機体の追加

​3,300/1機体

DJI以外9,900/1機体

操縦者の追加

​3,300

独自マニュアル作成

16,500

許可更新

19,800

現在の許可内容と同じの場合


●その他

種別

​報酬額

備考

​FISSへの登録

​5,500

​回数によりご相談可能


お問い合わせフォーム、お電話、LINEなどでお問い合わせが可能です。



ドローン(無人航空機)の登録代理をお受けします

ドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)<FISS>での飛行計画の登録方法

0件のコメント

最新記事

すべて表示